千葉エリアリーダー / 船橋教室長 徳永 由弥 Yumi Tokunaga

生徒さんと共に喜び、共に困難を分かち合う。

大学では福祉学部に在籍していました。ボランティアのサークルに入っていて、知的障害児を支援する機会があり、特別支援学校の授業や地域での親子の集いなどに参加しました。発達障害を持ったお子さんたちがとても素直で純粋な子だと感じましたし、子どもたちから私が学ぶことが多くありました。子どもたちの問題だけでなく、親御さんたちの悩みに触れることも多く、発達障害というテーマを持った親と子が相談できる場所があるといいなと感じ、当社に入社しました。
「さくらんぼ教室」では、2歳から社会人までの途切れのない支援が特長で、生徒さんひとりひとりの人生に深く関わっていく責任を意識しながら向き合っています。人生の節目節目に立ち会い、生徒さんと一喜一憂や喜怒哀楽を共にしています。「さくらんぼ教室」の先生たちは、生徒さんの「応援隊」です。

東京エリアリーダー / 川崎教室長 宮本一哉 Kazuya Miyamoto

自分自身を知ることは、人生を力強く生きていくことに繋がる。

大学では経済学部に在籍していました。在学中にNPO法人で活動して、発達障害の子どもたちと出会い、社会にひとりでも多く発達障害についての理解者が増えるといいなと感じ始めていました。通常学級の教育はすべて同じ教育ですが、発達障害の子どもにその方法は当てはまりません。必要な人に必要なだけの支援が必要です。それぞれの生徒さんの個性を輝かせるためには、自分らしさを発揮できるような環境が必要です。その想いを胸に就職活動を行い、当社に入社しました。
「さくらんぼ教室」では、生徒さんひとりひとりに「自己理解」を促しています。発達障害は、ひとつの「個性」。決して劣っているわけではなく、誰にでも苦手なものがあります。生徒さんが自分自身についての理解を進めることをサポートし、社会を構成するひとりの個人として歩むための大きな力となります。